忍者ブログ

オリジナル中心。お題攻略もしてます。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レウクロウ×キシャルまとめ3
田村君。会話文オンリー。

「おう、よく帰ってきたな。お疲れ」

「どうも」

「飯にするか? 風呂にするか? 飯にする!」

「あ、私が返事する前になんかもう自己解決しちゃいましたね……」

――――

「レウクロウさん」

「あ?」

「呼んでみただけです」

「お言葉ですが、俺だって呼ばれてみただけです!」

 ◆

「キシャル」

「はい、何ですか?」

「呼んでみただけだ」

「……良いんですか? 本当に呼んでみただけで良いんですか? それだけで満足出来るんですか? 愛の言葉を囁かないでいて、貴方の気は済むのですか? 本当は今すぐ私を抱きしめたいのではないんですか?」

「お、おお!? 分かった! キシャル、愛してんぜ! 今すぐ俺の胸に飛び込んでこい!」

「今忙しいんで後にしてください」

「この野郎……」

――――

(ぎゅー)

「お、なんだなんだ? どうした急に? 甘えたい年頃か? ハグ強化月間なのか? それとも俺を絞め殺すという、ついにお前ヤンデレ化計画が発動しちまったのか。やべーな、おい。俺まだ死にたくねぇよ、今から家具市行くし」

「……」

「分かった。俺、知ってる。これ、『スモウ』ってやつだろ?」

「……」

「俺はシコを踏めば良いんだろ? 良いぜ、お前が望むなら全力で踏むわ」

 ◆

「レウクロウさんと一緒にいると、悩んでいる自分が馬鹿らしく思えてきますよ」

「らしくじゃなくて、実際馬鹿なんじゃねーの?」

「ですよね!」

――――

「私のレウクロウさんがこんなに可愛い」

「ああ? 知ってるわ、んな事くらい!」

「そうですか、すみません」

 ◆

「俺のキシャルがこんなに可愛い」

「あんたのものになった覚えはありません」

――――

「魔法少女キシャルン」

「今私、凄くイラッとしました」

「マジかよ。俺はこう、言葉に言い表せないトキめきみたいなもんを感じちまったぜ。やっぱりいつの時代も、魔法少女という言葉には夢と希望が詰まってるよな」

「トキめきを感じるなら、私以外の人で想像して感じていただきたいものですね。いっそ魔法少女レウクロウで良いじゃないですか」

「俺って少女だったのか!?」

「しかも、"魔法"少女ですよ。凄いじゃないですか」

「やべーな、俺凄ぇわ……」

「世界救えますよ」

「俺凄ぇ!」

――――

「無人島に一つだけ何かを持って行けるなら、もちろん俺を? お前ってば、そんなに俺の事が……」

「断然アウロラですね。そこらの男性よりよっぽど力ありますし。頼りになりますよ、あの人」

「俺そろそろアウロラと決闘したほうが良いんじゃねぇだろうか。恋人をあいつに寝取られる気がしてきた」

「アウロラに寝取られる……か」

「トキめいてんじゃねーよ」

 ◆

「じゃあ、レウクロウさんは私を持って行くとでも言うんですかぁ? 勘弁してくださいよ。巻き込まれるこっちの身にもなってください」

「いや、俺は無人島行かねぇし」

「私だって行きませんよ」

「行かねぇのか! 良かった!」

「……」


――――

「アウロラが最近冷たいんですよぉ」

「そりゃお前、俺も『若返れば?』としか言えねぇよ。若返れば?」

「……今凄い事に気付いてしまいました! 私の全ての知識を費やせば、若返りの薬をもしかしたら作れるかもしれません!」

「翼人の貴重な知識をそんなもんに使われたら、お前の先祖も浮かばれねぇだろうよ」

「じゃあ沈めておけば良いんじゃないですかぁ?」

「お前、いつか祟られるぞ……」

――――

「しりとりしようぜ。俺からな。『好き』」

「『嫌い』」

「……」

「次『い』ですよ、レウクロウさん」

 ◆

「しりとりしようぜ。俺からな。『好き』」

「『聞こえませんねぇ。もっと大きな声で言うべきです!』」

「す、『好きだっ!』」

――――

「レウクロウさんって私の事可愛いとかふざけた事抜かしますけど、具体的にどこらへんが可愛いと思っているんですか? ちゃんと目見えてますぅ?」

「ここだ!」

「まさかのデコフェチですか」

「違ぇよ。お前の全てが可愛いんだよ。だから脳を指さしてんだよ」

「それこそ、まさかの……」

――――

「キシャルはあいつに似てるな」

「誰でしょう?」

「メロンパン」

「あ、人じゃないんですね」

「……凄く美味いメロンパン」

「そんなフォローはいらないんですよ」

――――

「俺、生まれ変わったらキシャルになるんだ」

「……」

「いや、だってお前って俺よりは頭良いじゃん? 医術師だし、人を殺すんじゃなくて治せるって凄ぇ事だと思うよ俺は」

「私が黙ったのは、理由が分からなかったからではないんですよ」

「じゃあ何が分からなかったってんだ。強度か?」

「そうですねぇ。レウクロウさんの言っている意味が……ですかね」

「そういう時は行間を読めば良いらしいぜ」

「読もうと頑張ってみたんですが、どうやら書かれている言語が私の知ってるものとは違うようで」

「でも、お前って耳ふわふわしてねぇんだよなぁ。唯一の欠点はそこだわ」

「あ、もう私が理解していようといまいと気にせず話を進めちゃうつもりなんですね。分かりました」

「逆を言えば、耳以外にお前に欠点なんてねぇのさ」

「そりゃどうも」

「……多分ねぇよ! 俺がねぇって言ったらねぇんだよ!」

「もー、よく考えたらいっぱいあったからって、逆ギレしないでくださいよぉ」

――――

「キシャル、もしお前に猫耳がはえて、その上語尾に『にゃん』とかつけ始めたら俺は……」

「……」

「ちょっとだけ引く」

「ですよね」

――――

「出番を得る為に、今後はヤンデレキャラでやっていこうかと思ってるんですよ」

「マジで? 俺、お前に刺される準備しなきゃだな。貯めてたお金で防弾チョッキとか買っちまうぜ」

「ああ、はい。好きにしてください。それより、問題はアウロラは絶対そういう人の事はウザがるに違いないというところなんですよね」

「あ、俺相手にヤンデレるんじゃねぇんだ。なんだ……」

――――

「キシャル! 俺、キシャル拾った!」

「良かったですね」

「良かった。一生大事にするわ」

「そろそろ下ろしてくれませんかね?」

 ◆

「お、どうした急に手なんか握ってきやがってよ。繋ぐのか! 手を繋ぎたいのか!?」

「先日レウクロウさんに拾われたので、今度は私がレウクロウさんを拾ってみました」

「なるほど、俺は野良犬から脱却するわけだな」

「もともと飼い犬ですけどね、あんた」

――――

「知ってっか? シュージのいた世界ではな、バレンタインという日に好きな人にチョコレートをあげるのが通らしいぜ。ワンワンはいつだってお前からのチョコレートをお待ちしております」

「それだとまるで、私がレウクロウさんの事を好きみたいじゃないですか」

「好きなんだと思ってた!」

「いや、好きですけどね」

「良かった!」

――――

「お前は、チョコレートと俺どっちが好きなんだ?」

「えぇ? チョコレートはあんまり好きじゃないんですけど」

「そうか。……で、お前はチョコレートと俺どっちが好きなんだ?」

「あ、なんかもう『レウクロウさんのほうが好きです』って言わせたいだけですよね、これ」

――――

「医術師さん」

「何。獣人」

「えへへ、呼んでみたかっただけ!」

「死ね!」



「医術師さん! 医術師さん!」

「帰れ! きた! また! やだ!」

「これ、お花! 多分綺麗なので、あげるね!」

「食べるよ!」

「食べるの!?」

「ばか! 食べないわよ! ××××××!」

「どっち!?」



「医術師さんは何歳なの?」

「何おう!?」

「急に怒らないでよ! 俺はただ、俺と同じくらいなのに医術師をやってる医術師さんが凄いなぁって思っただけだよ」

「黙秘権!」

「ちなみに、俺は十二歳です!」

「!? ……やだ!」

「やだって……」

「サバ読みなさいよ、キミ!」

「なんで!?」



「キシャルさん、身長測って」

「何。不要でしょ。犬に」

「もっと大きくなりたいんだー」

「ないでしょ、数値じゃ。見た目だわ。ばか。死ね」

「日々の積み重ねが俺の力になると思わない?」

「はあ? 解読不能」

「毎日会ってたら、たとえ俺の背が伸びててもキシャルさんは気づかないと思うんだ……」

「? 良いよ。会うがなければ?」

「会ってよ!」

「眼中にないって言う! 死ぬべし!」

「なんで俺こんなに嫌われてるんだろう……。そうだ、俺がキシャルさんより大きくなったら、もっと仲良くしようよ!」

「! 偽証するよ、ならば……!」



「キシャルさん!」

「またきたのか! ばかか! 毒殺計画しますよ! そろそろな!」

「今日もキシャルさんは元気だね!」

「無垢な笑顔を振りまく獣人……。懲りさせたい……」

「急に元気なくなったね! 大丈夫?」

「あんたですよ! 原因!」



「キシャルさん。おはよー」

「おはようですね!」

「俺は、見るからに大きくなったと世間ではもっぱらの噂なんだが……」

「眼中にないんですよ。帰れ」

「キシャルさんより大きいぞ!」

「嫌味か! 伸びてますっ、私っ!」

「違うよ。俺がキシャルさんより大きくなったら結婚するって、昔約束したのに……。忘れちまったのか?」

「し て な い ! 夢でも見たのでは!?」

「俺はいつだって夢見心地だよ!」

「いいかげん、覚めてくださいよ!」



「キシャル! 暇だから億万長者目指して金塊探しに行こうぜ!」

「一名様、ご案内です」

「いやいや、俺一人で行ってもしょうがないからな。一緒に行こう!」

「あんたのその謎の執着心、昔から謎ですよね」

「だってお前凄いんだもの。俺は、凄い人が好きなんだ」

「告白じゃないですか!」

「うおおおお、本当だ! 恥ずかしい!」

「悪いんですねぇ、女の趣味。可哀想に」

「俺の趣味が悪いんじゃなくて、お前の性格が悪いんだよ」

「なんだと!?」



「キシャル、何か欲しいものあるか?」

「何でですか?」

「プレゼントしたい! 喜ばせたい!」

「女に貢いで破滅するパターンですよね。欲しいのはお花ですかね、私」

「マジかよ!? ついにキシャルも花の美しさに目覚めたのか! やべぇな、今日は宴でも開催するか!」

「違いますよ。薬作りますよ。実験台宜しくだわ、レウクロウさん」

「花を食べる側から、食べさせる側になったのか!?」

「いや、花食べた事ないですし……どっちかっていうと、飲ませる側ですかね。飲み薬なんで」



「キシャル」

「何ですか?」

「呼びたかっただけだ」

「そうですか」



「おい、キシャル」

「はいはい。どうしました、レウクロウさん」

「思えば、お前とも長い付き合いになるわけだが……」

「ほほう。この流れ、もしかして別れ話ですか?」

「違ぇよ。ただ、こう、昔を思い出して今俺はしみじみとしていただけなんだ。昔のお前はこう、なんつーか……、何を言ってるのか俺にはよく分からなかったな」

「あんたは昔より今のほうが意味不明ですけどね」

「へへ、よせやい!」

「褒めてないんですけどね」

「ただ、一つだけ疑問がある。昔の俺は何故、お前のような女を好きになってしまったのか」

「それは私も気になります」

「もしかして俺は、お前の職業が好きだったんじゃないだろうか? お前の職業目当てだったんだよ」

「ひどい理由ですよねぇ。第一、私医術師じゃなくて薬師ですし」

「俺も、この理由にはさすがに遺憾の意だぜ」

「まぁ、ただそれだけの相手にあそこまで執着出来たところは凄いですよね」

「そのおかげで彼女が出来ました!」

「性格の悪い彼女ですがね」

「ああ。でも俺は、自分の女の趣味はそんなに悪くなかった……って思ってるぜ」

「……っ! レウクロウさんっ!」

「キシャルっ!」

(抱きっ)

「すみません。私は、『男の趣味悪すぎよね、自分』って思ってます」

「だよな! お前がそう思ってるんじゃないかって、俺は思ってたわ!」
PR
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
P R
Copyright ©  -- 短編置き場 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]