忍者ブログ

オリジナル中心。お題攻略もしてます。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして君は語る
お題配布元⇒ミシェル

二次創作。BL。

「愛しているわ」
 台本の上で踊りながら、女は何て事がないように口にする。恐らく感動的なシーンなのだろうけれど、俺は特に何も感じずに、ただ、自分には似合わないセリフだな、と思う。
 それはどこにでもありふれた恋愛映画で、それはどこにでもありふれた恋の話で、女はどこにでもいそうなただの女優だった。
 俺は、どうしてか一人でそれを見て(暇を持て余していたとはいえ、他にする事もあっただろうに)、終わった後に、嗚呼、エニスを誘えば良かったな、と思った。思ったけれど、彼女の両の瞳を見ながら上手く誘えた自信は、あんまりなかった。
 だって、本当にそれは、陳腐な恋愛映画だったのだ。

「愛しているわ」
 帰り道。歩きながら真似して呟いてみたけれど、やはり似合わない。
 おかしくて、笑いたくなる。笑いたくなるだけで実際は笑えずに、代わりに溜息を一つこぼした。
 落ちたそれの行方に、特に興味もない。不思議と時間はたくさんあって、けれど本当は忙しいはずなのに、でも今日は何もやる気が起きない。
 どうにももやもやとした思いを抱えながら、足を進める。特に行き先は決まっていない、はずだったのに。
 無意識の内に辿り着いたのは、あの話好きの男がいる場所だった。いや、本当は無意識ではないのかもしれない。俺は何を言い訳を並べているのだろう、男らしくない。
 落ちた恋の行方に、特に興味はない。なんて知らんぷり出来たら、サイコーだったのにな。

「愛しているわ」
 自分がその言葉を言うのは、どうにもおかしくて、似合わないな、と苦笑する。だからといって、別にあいつに言ってほしかったわけではないんだ。
 そうじゃなくて、事の顛末はもっとシンプルで簡単だ。
 嗚呼、そうさ。意地なんてはらずに、認めよう。俺は、会いたかった。会いたかったんだよ。
 つまらない映画を見て、他人の恋の話に感化されたフリをして、偶然を装ってこうやってやってきてまで、お前に会いたかった。会って話をしたかった。かっこわらい。わらえない。

 持て余した暇を消す方法なんて、他にもたくさんあるという事など知っている。それなのに、何故面倒臭い方法を選ぼうとするのか。肩をすくめるに他ない。
 お前、男の趣味悪すぎるぜ、って鏡を指しながら笑ってやりたいくらいだ。そもそも『男』って時点で救いようなんてなかったかもしれないが、別にいいさ。救いとか、そういうのも、俺にはやっぱり似合わない。
 見知った金髪を見つける。あくまで平然を装った表情で、名前を呼ぶ。相手はしっかりと俺の声を拾い上げて、顔を上げる。
 次いで開かれる相手の口から、こぼれ出すのはいったいどんな話なのか。

 何でも良い。楽しい話でも、悲しい話でも、なんでも。
 ――お前の話を聞かせてくれ。
PR
  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
P R
Copyright ©  -- 短編置き場 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]