忍者ブログ

オリジナル中心。お題攻略もしてます。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Iパレまとめ2
田村君。会話文オンリー。

「……」

『……』

「……」

『……』

「拙者の体を触って何がしたいのだ貴様は」

『ん? セクハラ?』

「してどうする?」

『ブッキーつまんない! ブッキーのリアクションつまんない!』

「別に面白くなりたいわけではないので、構わない」

『もっと照れたり恥ずかしがったり赤面したりしてよぉ!』

「それは全て同じような意味だが?」

『三つも言ってやったんだから、どれか一つくらいやりなさいよぉ! むしろ三つともやりなさいよぉ!』

「わー、照れるし恥ずかしいし赤面で御座るぅ!」

『ふざけんじゃないわよ! 表情や行動で示しなさいよ! あー、つまんないブッキーつーまーんーなーいー! もうブッキーなんて知らないからね! 他の所員にセクハラしてきてやる!』

「悪魔か貴様は」

 ◆

『ただいま』

「おかえり。どうだった?」

『結果的に、ノッカーとウドの大木について語り合う事になったわ』

「え、何? エマンセ?」

『違うわよ。あんた、それいくらなんでも失礼よ。……そのエマンセにも抱きついてみたんだけど、何だかサービスイベント扱いされたのが癪だったわね』

「サービス扱いされるだけ良いではないか」

『ヘルマンには普通に抱っこされちゃって、こっちが照れちゃうっつー話よねぇ』

「あの人は愉快な人で御座るね」

『そしてゼルルウは、今日はどうしてかアタシが近づこうとするとすぐに逃げ出す……』

「……。危機を察したのではないか?」

――――

「班長」

「なんだ!? 言い訳なら聞かん!」

「あの……、こんな風に細かい事をいちいち気にしていちいち一人一人に説教してたら、将来ストレスで禿げちゃいますよ?」

「……」

「……」

「…………三班は運命共同体だからな。俺が禿げたらお前も禿がす」

「禿がす!?」

――――

「ノッカー、猫耳」

「そうか」

「ノッカー先輩、猫耳ですよ?」

「二回も言わなくて良い」

「……」

「……」

「ギッキって、猫耳とか似合うと思うのよね」

「そうか? あいつはもっとこう別の……百獣の王的なあれとか、サメとかのほうが……」

「肉食すぎるわよ! ああ見えてあの子はね、一途な可愛い子ちゃんなのよ?」

「そうか」

「でも、本人は絶対こういうのつけないのよね。他の人にはつけて回ったりして楽しむくせに」

「迷惑な奴だな」

「……にゃーん」

「急に鳴くな。鳴きたいならせめて、もっと本物の猫を真似で鳴け。真顔な上に棒読みで鳴かれたところで、反応に困るだけだ」

「にゃーん♪」

「ああ、それで良い」

「違うわよっ!」

「ん? 俺は良いと思うんだがな……」

「そういう事を言いたいんじゃないのよ! もー! もー、馬鹿ぁー!」

「なんなんだ。真顔だったり可愛かったり怒ったりと忙しい奴だな……」

 ◆

「姉さんに猫耳をつけただぁ?」

「俺がつけたんじゃない。勝手にあいつがつけてきただけだ」

「姉さんに何させてんだお前! あの人、今年で二十三だぞ!?」

「はあ? 確かにそうだが、それがどうした!? この件に年齢は全く関係がないだろうが!」

「馬鹿野郎、猫耳には年齢制限があるんだよ! 少なくとも二十歳以上はつけちゃいけないものなんだよ! 姉さんはバリバリアウトなんだよ!」

「年齢制限なんてものがあるのか!? そんなもの、いったい誰がつけたんだ!? 誰がいつどうやってつけたんだ!? どの耳にもついているものなのか!? 平等なのか!? 尻尾も含むのか!?」

「誰かがつけたとかそういうんじゃなくて、これは世界の常識なんだ……」

「そうだったのか、知らなかった……。いや、だがしかし! エフィレは確かに二十三でバリバリアウトかもしれないが、見た目は年齢よりも若く見えるから良いんだ! 俺が許す!」

「お前にそんな権限ねぇよ! 姉さんが若く見えるって、それでもどう頑張っても二十かそこらだろうが! どの道アウトじゃないか!」

「貴様は実物を見てないからそんな事が言えるんだ!」

「実物を見たくないから言ってんだよ! 二十三だぞ!? しかも姉だぞ!? 実の姉の猫耳姿って、兄にとっては罰ゲーム以外の何ものでもないだろ!?」

「いつも『姉さん』『姉さん』五月蝿い奴が何を言っているんだ! 貴様は、あいつが好きなのか嫌いなのかどっちなんだ!? ハッキリしろ! イライラする!」

「それとこれとは話が別だ! 俺は姉さんの事が確かに大好きだし尊敬もしている、ついでに言うとそんな姉さんを奪いやがった姉さんの恋人の事は正直ぶちころしたい! でも、だからといって姉さんの猫耳姿が見たいわけではない! むしろ尊敬しているからこそ、そういう事はしないでほしい! 俺の知ってる姉さんはそんな萌え萌えした事はしないし、ちゃんと自分の年齢についても考える事が出来るしっかりとした人だ!」

「ならば、貴様の好きなウサ耳だったらどうなんだ!?」

「な……!? や、やめてくれ! 想像上でも二十三歳にウサ耳つけんな! それはウサ耳への冒涜だ!」

「五月蝿い! さっきから二十三歳なめとんのか貴様は! 嗚呼もう我慢ならん、表へ出ろ!」

「ねぇ、二人とも。別に貴方達がどこでどんな話をしようが知った事じゃあないけど、表でも私の年齢を大声で連呼し始めたら……私、ちょっと怒るわよ……」

――――

「お、ブッキーさん! 巷で噂のブッキーさんじゃねぇか! こんなとこで会うなんて奇遇じゃねぇか、飲み行こうぜ!」

「別に噂でもないで御座るし、貴様と飲んでいる暇も拙者にはない。あと、"ブッキー"と呼ぶのはやめてくれまいか? 拙者、正直その呼び名を気に入っていないで御座るよ。なんだか間抜けっぽいし」

「ああ、俺知ってるぜ……。こういうのを、名は体を表す、っていうんだろ?」

「喧嘩を売っているのか貴様は」

――――

「ノッカー。この『エフイレ』って、もしかして私の事?」

「エフイレじゃなくて、お前もこいつもエフィレだ」

(うーん? 小さいイが入力できなかったのかしら……?)

「お前はすぐ怠けるからな。頻繁に死んで困る」

「そりゃ、僧侶を一番前に配置したら死ぬでしょうよ。さりげなくノッカーは最後尾にいるのね」

「後ろから魔物が奇襲をかけてきた時のために備えている。それに、ここからだと仲間全員の姿を確認する事が出来る」

「勇者は普通、一番前に配置するものよ」

「普通ってなんだ。よく分からん。難しい事を言うな」

「深く考えなくて良いのよ」

「大体、俺は勇者じゃ…………あ、職業のところに書いてあるな。なんだ、これじゃエマンセじゃないか。この職業はどうやって変えたら良いんだ?」

「勇者は勇者にしかなれないわよ。知ってるでしょ? 現実でもそうじゃない」

「なんであれ、不愉快だ」

 ◆

「ノッカー、ヘルマン班長より先に私を回復しなさいよ。私のステータス黄色いんだけど」

「馬鹿を言うな。ヘルマン先輩を優先しないと駄目に決まっているだろうが」

「決まってないわよ。私を回復しなさいよ」

「先輩は一班班長だぞ? お前よりよっぽど偉い。それに、俺はあの人には恩がある」

「リアルの事情をゲームの世界にまで持ち込まないでよ」

「ゲームであれリアルであれ、自分の立場は弁えるべきだ!」

「あー、ほら、私死んだー。私棺桶ー」

「だから、普段から体力をつけろと言っているだろうが! この軟弱者が!」

「いいから、早く蘇生してよ」

 ◆

「いつ絶滅するんだ?」

「何が?」

「この、ちょっと口元がエマンセに似ていてムカつく魔物がだ」

「貴方、私の兄さんを馬鹿にしているの?」

「いや、目の部分ははお前に似ているから、安心して良い」

「褒めてるのか貶しているのか分からなくて、リアクションに困るわ」

「エマンセはいつ絶滅するんだ?」

「兄さんの名前で呼ぶのやめて」

「これだけ狩ってもまだ出てくる。もしかして、世界を牛耳ろうとしているのは他でもないこの魔物なのだろうか」

「ん?」

「それとも、幻影か何かの類なのか。黒幕は幻術師か」

「うぅん……」

「うちの班にも幻術師欲しいなぁ……」

 ◆

「やはりシェキサは優秀だ!」

(シエキサになってるけどね)「そりゃ、そんだけレベル上がってたら強いでしょうよ。ねぇ、ノッカー。そろそろ別の地に行っても良いんじゃない?」

「別の地?」

「最初の村にずっといたら、魔王の居場所すら分からないわよ。せめて隣の村くらいには行きなさいよ」

「隣の村か」

「そうよ。多分北のほうに歩いていけばそのうち着くわよ」

「……なるほど、遠征だな」

「え、何?」

「となると、入念な準備をしなくてはいけないな。テントやランタンはどこに行けば買えるんだ?」

「さぁ。そんなアイテム多分ないんじゃない?」

「一応、遺書の一つくらい書いておいたほうが良いんじゃないか? いつ死ぬかも分からないしな」

「大丈夫よ。貴方のパーティ、多分よっぽどの事がない限り全滅しないわ」

「馬鹿を言うな。世界は広いんだ、どこにどんな輩が潜んでいるか分かりやしない」

「うーん、もう好きになさい」

 ◆

《冒険の書1が消えました》

「あらら」

「なんだ今の変な音。敵襲か」

「違うわ」

「何が起こったのか分からないが、全てが白紙に戻っているように見える」

「データが消えたのよ。残念ね……」

「おい。あいつらがいないんだが」

「言いにくいけど、消えちゃったからもう彼らには会えないのよ」

「わけが分からん」

「……」

「……」

「……」

「……そうか。俺の手を離れて、自分の道を歩き始めたのか」

「え? 何、その謎解釈」

「あいつらが安心して帰ってこれるよう、俺は新たな奴を強くしてこの村を守らねばならんのだな」

「いいかげん次の村に行きなさいよ」

《新しく冒険をはじめる》

「俺の名前はもう使ってしまったからな。今度は誰の名前をつけるべきだろうか」

「……」

「ゼルルウで良いか。あいつは黙っていなくなりはしなさそうだ」

「ねぇ、ノッカー」

「なんだ?」

「楽しい?」

「かなり楽しいが、どうした?」

「……。なら、良いわ」
PR
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
P R
Copyright ©  -- 短編置き場 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]